matplotlib ライブラリ

【python】matplotlibで指定できる色の一覧【取得方法、色一覧の使用例】

pythonのグラフ描画用ライブラリである「matplotlib」で指定できる色の一覧を紹介します。

本記事では、下記の内容を紹介します。

この記事で分かること

  • matplotlibで指定できる色の一覧
  • matplotlibで使用できる色の一覧を取得する方法
  • 【参考】matplotlibの色の一覧を用いて、グラフを描画する方法

スポンサーリンク

matplotlibで指定できる色の一覧

matplotlibで指定できる色の一覧を紹介します。

色の指定には、Base ColorsTableau PaletteCSS Colors の3つのグループを使用できます。

また、上記グループ以外にも、カラーコードも使用可能です。

それぞれのグループの色の一覧について、順番に紹介していきます。
なお、図は公式ドキュメントから引用しています。

Base Colors

主要な色である、Base Colorsのグループについては、1文字で指定可能です。

Tableau Palette

CSS Colors

カラーコード(color code)

カラーコードは、Webページ上の色を指定するためのコードのことです。

"#(シャープ)"のあとに続く、6桁の16進数で表現されます。

例えば、白は#000000、黒は#FFFFFFとなります。

スポンサーリンク

matplotlibの色の一覧を取得する方法

matplotlibで使用できる色の一覧を、コード上で取得する方法について紹介します。

それぞれのグループについて、下記のコードにより辞書型で色の一覧を取得できます。

  • Base Colors : matplotlib.colors.BASE_COLORS
  • Tableau Palette : matplotlib.colors.TABLEAU_COLORS
  • CSS Colors : matplotlib.colors.CSS4_COLORS

以下、それぞれのグループについて、色の一覧を取得するサンプルコードです。

Base Colors

Base Colorsの色の一覧を取得するサンプルコードです。

### matplotlibの色の一覧を取得(Base Colors)
import matplotlib.colors as mcolors
import pprint

base_colors = mcolors.BASE_COLORS

pprint.pprint(base_colors)
"""
{'b': (0, 0, 1),
 'c': (0, 0.75, 0.75),
 'g': (0, 0.5, 0),
 'k': (0, 0, 0),
 'm': (0.75, 0, 0.75),
 'r': (1, 0, 0),
 'w': (1, 1, 1),
 'y': (0.75, 0.75, 0)}
"""

pprint.pprint(list(base_colors.keys()))
"""
['b', 'g', 'r', 'c', 'm', 'y', 'k', 'w']
"""

> 'b': (0, 0, 1)

辞書型になっていることが分かります。
辞書の"キー" には "色"、"値" には "RGBの値がタプル" が入っています。

> pprint.pprint( list(base_colors.keys( ) ) )

辞書.keys()で、辞書のキーの一覧を取得しています。

辞書のキーや値の取得方法については、下記の記事で紹介しています。

辞書のキー、値の取得方法

Tableau Palette

Tableau Paletteの色の一覧を取得するサンプルコードです。

### matplotlibの色の一覧を取得(Tableau Palette)
import matplotlib.colors as mcolors
import pprint

tab_colors = mcolors.TABLEAU_COLORS

pprint.pprint(tab_colors)
"""
OrderedDict([('tab:blue', '#1f77b4'),
             ('tab:orange', '#ff7f0e'),
             ('tab:green', '#2ca02c'),
             ('tab:red', '#d62728'),
             ('tab:purple', '#9467bd'),
             ('tab:brown', '#8c564b'),
             ('tab:pink', '#e377c2'),
             ('tab:gray', '#7f7f7f'),
             ('tab:olive', '#bcbd22'),
             ('tab:cyan', '#17becf')])
"""

pprint.pprint(list(tab_colors.keys()))
"""
['tab:blue',
 'tab:orange',
 'tab:green',
 'tab:red',
 'tab:purple',
 'tab:brown',
 'tab:pink',
 'tab:gray',
 'tab:olive',
 'tab:cyan']
"""

> ('tab:blue', '#1f77b4')

辞書の"値"は、カラーコードになっています。

CSS Colors

CSS Colorsの色の一覧を取得するサンプルコードです。

### matplotlibの色の一覧を取得(Tableau Palette)
import matplotlib.colors as mcolors
import pprint

css_colors = mcolors.CSS4_COLORS

pprint.pprint(css_colors)
"""
{'aliceblue': '#F0F8FF',
 'antiquewhite': '#FAEBD7',
 'aqua': '#00FFFF',
 'aquamarine': '#7FFFD4',
 'azure': '#F0FFFF',
 
 ~略~

 'wheat': '#F5DEB3',
 'white': '#FFFFFF',
 'whitesmoke': '#F5F5F5',
 'yellow': '#FFFF00',
 'yellowgreen': '#9ACD32'}
"""

pprint.pprint(list(css_colors.keys()))
"""
['aliceblue',
 'antiquewhite',
 'aqua',
 'aquamarine',
 'azure',
 
 ~略~
 
 'wheat',
 'white',
 'whitesmoke',
 'yellow',
 'yellowgreen']
"""

> 'aliceblue': '#F0F8FF'

辞書の"値"は、カラーコードになっています。

スポンサーリンク

matplotlibの色の一覧を用いて、グラフを描画する方法

参考までに、前述の方法で取得した色の一覧を用いて、グラフを描画するサンプルコードを紹介します。

### matplotlibの色の一覧を用いて、グラフを描画
import matplotlib.pyplot as plt
import matplotlib.colors as mcolors
import numpy as np
 
tab_colors = mcolors.TABLEAU_COLORS
colorlist = list(tab_colors.keys())

x = np.arange(0, len(colorlist))
y = np.repeat(1, len(colorlist))

fig = plt.figure(figsize = (12,3), facecolor='lightblue')

plt.bar(x, y, color=colorlist, tick_label=colorlist, align="center")
plt.show()

コード実行後、表示されるグラフはこちらになります。

実行結果

> tab_colors = mcolors.TABLEAU_COLORS
> colorlist = list(tab_colors.keys())

Tableau Paletteの色の一覧を取得し、リスト型でcolorlistに渡しています。

matplotlibで棒グラフを作成する方法については、下記の記事で紹介しています。

matplotlibで棒グラフを作成する方法

スポンサーリンク

-matplotlib, ライブラリ
-,