Pi Camera RaspberryPi

ラズパイカメラ(Pi camera)の取り付けと設定、ライブビュー、静止画撮影方法。

ラズパイを遊び尽くしたいのであれば、パイカメラ(pi camera)は必須ですね。

本記事では、パイカメラをラズパイに取り付ける方法パイカメラで静止画を撮影する方法など、

パイカメラに関する基本的な内容について紹介します。

この記事で分かること

  • パイカメラ(pi camera)のマウント組み立て方法
  • パイカメラ(pi camera)をラズパイに取り付ける方法
  • パイカメラ(pi camera)で静止画を撮影する方法

スポンサーリンク

購入したカメラ:LABISTS camera module

はじめに、筆者が購入したカメラモジュールについて、簡単に紹介します。

LABISTS社製のカメラモジュールを購入しました。

昔はAmazonでも取り扱っていたのですが、2021/7/22時点では無くなっていました。

カメラスペック

メーカー : オムニビジョン製

センサ型番 : OV5647

画素数 : 500万画素 (2592×1944)

フレームレート : 15fps (500万画素)、30fps(1080p)

スポンサーリンク

LABISTSのパイカメラ(Pi camera)マウントの組み立て方法

次に、LABIST社製カメラモジュールの組み立て方法について紹介します。

LABIST社製カメラモジュールを使用しない方は読み飛ばしてください

LABISTS社製のカメラモジュールは、こんな箱に入っていました。

LABISTSのPi camera
LABISTSのPi cameraの箱

LABISTS社製のカメラモジュールの部品です。

LABISTSのPi camera
LABISTSのPi cameraの部品

説明書には、カメラの仕様や、ラズパイとパイカメラのケーブルを介した接続方法が記載されていました。

LABISTSのPi cameraの説明書
LABISTSのPi cameraの説明書

長さの異なるケーブルが2本入っています。

用途によって使い分けられるので、意外と便利です。

LABISTSのPi camera
LABISTSのPi cameraのケーブル。長さの異なる2本のケーブルが入っている。

カメラ部を拡大した様子。

LABISTSのPi camera
LABISTSのPi cameraのカメラ部分拡大

カメラマウントの組み立てに必要な部品。

LABISTSのPi camera
Pi cameraの台座の部品

パーツの保護シートをはがした様子。

LABISTSのPi camera
Pi cameraの台座の部品

はじめに台座から組み上げます。

台座に必要な部品はこちらの3点。

LABISTSのPi camera
Pi cameraの台座の部品

このような形で組み上げます。

この段階では固定されてないので、すぐバラけてしまいます。

LABISTSのPi camera
Pi cameraの台座組み立て

マウント上部の突起に、別のパーツをはめ込みます。

LABISTSのPi camera
Pi cameraの台座組み立て

残りのパーツを前面の突起にはめ込みます。

この段階まですごく不安定です。少し手を動かしただけでバラバラになります。

LABISTSのPi camera
Pi cameraの台座組み立て

ネジ穴を合わせて、パイカメラを取り付けます。

LABISTSのPi camera
Pi cameraを台座に取り付ける

ネジ穴を通して、パイカメラとマウントを固定すると、

マウント全体が固定され、バラけないようになります。

以上でマウントは完成です。

スポンサーリンク

パイカメラ(Pi camera)をラズパイ(Raspberry Pi)への取り付ける方法

次に、パイカメラをラズパイへ取り付ける方法を紹介します。

写真の矢印の場所が、パイカメラの取り付け位置になります。

よく見ると、"CAMERA"と書いてありますね。

パイカメラ(pi camera)の取り付け方法
パイカメラ(pi camera)の取り付け位置

パイカメラのケーブルを挿すために、

ラズパイのソケット部の黒い爪の部分を持ち上げます。

Pi cameraの取り付け場所
Pi cameraの取り付け場所

パイカメラのケーブルの金属端子部と、ラズパイのソケットの金属端子部が向き合うようにして、

ケーブルをソケットの奥まで差し込みます。

Pi cameraを取り付けた様子
Pi cameraのケーブルを取り付けた様子

ケーブルを奥まで差し込んだ状態で、

ソケットの黒い爪を押し込むと、ケーブルが固定されます。

こちらが、パイカメラをラズパイに取り付けた様子です。

LABISTSのPi cameraを取り付けた様子
LABISTSのPi cameraを取り付けた様子

ここまでで、パイカメラのラズパイへの取り付けは完了です。

次は、ラズパイでパイカメラを使用するための設定について、説明します。

パイカメラ(pi camera)の設定・画像取り込み

では、ここからは、パイカメラ(pi camera)の設定と、静止画の撮影方法について紹介します。

パイカメラとの通信の有効化

はじめに、ラズパイがパイカメラと通信を行えるように設定を変更します。

Raspbianメニューから[設定]>[Raspberry Piの設定]をクリック

ラズパイの設定。パイカメラの有効化。
ラズパイの設定。パイカメラの有効化。

[インターフェイス]タブで[カメラ]を「有効」にして[OK]をクリックします。

ラズパイの設定。パイカメラの有効化。
ラズパイの設定。パイカメラの有効化。

再起動のポップアップが表示されるので、[はい]をクリックして再起動します

カメラの動作確認①:ターミナルからの動作確認

ラズパイからカメラに通信できるようになったので、静止画が取り込めるか確認してみます。

簡易的な確認方法として、ターミナルから静止画取り込みする方法を紹介します。

RaspberryPiのターミナルから、下記のコマンドを入力します。

$ raspistill -o image.jpg

画像が撮影されれば成功です。

撮影した "image.jpg" は、home\"ユーザー名" のフォルダに保存されています。

ちなみに動画は、下記のコマンドで撮影できます。

$ raspivid -o video.mp4

カメラの動作確認②:Thonnyからの動作確認

次に、ラズパイに付属しているpythonの総合開発環境である"Thonny"から静止画を撮影する方法を紹介します。

例として、ライブビューを3秒表示して、静止画を撮影するコードを紹介します。

Thonnyを立ち上げます。

Thonnyを選択する
Thonnyを選択する

Thonnyが立ち上がったら、下記のコードを書き込み、「camera_test.py」の名前で保存します。

下記コードの "ユーザー名" の場所には、ご自身のラズパイ環境のユーザー名を入力してください。

###ライブビューを3秒表示し、静止画を撮影する
from picamera import PiCamera
from time import sleep

camera = PiCamera()

camera.start_preview()
sleep(3)
camera.capture('/home/"ユーザー名"/image.jpg')
camera.stop_preview()

「Run」ボタンを押すと実行できます。

もし、ライブビューが止まらないなどの不具合が発生したら、

「Ctrl」+「Alt」+「Delete」

で強制的に終了できます。

スポンサーリンク

まとめ

パイカメラのマウント組み立て方法、パイカメラのラズパイへの取り付け方法、ライブビューと静止画の撮影方法について紹介していきました。

パイカメラを操作できるようになると、ラズパイの応用の幅が広がります。

是非、いろいろ試して遊んでみてください。

本記事が、皆様の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Pi Camera, RaspberryPi
-,