RaspberryPi

ラズパイ(Raspberry Pi)のpythonバージョン確認、python3への変更方法。

ラズパイ(Raspberry Pi)へのOSインストール直後は、python 2.x系とpython 3.x系の両方がインストールされています。

好みや開発環境の問題もあるかもしれませんが、特にこだわりがなければ、Python 3.x系での使用をオススメします。

デフォルトではpython 2.x系になっているので、変更が必要です。)

本記事では、下記の内容を紹介しています。

この記事で分かること

  • 有効になっているPythonのバージョンの確認方法
  • pythonのバージョンを、python3に変更する方法

スポンサーリンク

ラズパイのPythonのバージョンを確認する

初めに、有効になっているPythonのバージョンを確認する方法を紹介します。

ターミナルで下記のコマンドを入力すると、有効になっているpythonのバージョンを確認できます。

python --version

筆者の環境では、

Python 2.7.16

でした。

ラズパイのpythonのバージョンを、python3に変更する

python3への変更を、下記の手順で進めていきます。

python3への変更手順

  • pythonの現在のシンボリックリンクを確認
  • python2へのシンボリックリンク削除
  • python3へのシンボリックリンク作成
  • pythonのバージョン確認で、python3系になっていることを確認

pythonの現在のシンボリックリンクを確認

まず、現在のpythonのシンボリックリンクを確認します。

cd のコマンドで、 /usr/bin の階層へ移動します。

cd /usr/bin

次に、lsコマンドで、pythonのシンボリックリンクを確認します。

-lのオプションをつけると確認できるようになります。

ls -l python*
python デフォルトのバージョン確認
pythonのデフォルトのバージョン確認

実行結果から、デフォルトで使用されるPythonは、Python 2.7へのシンボリックリンクになっていることが分かります。

また、python3のバージョンとして、python3.7がインストール済みであることも分かります。

デフォルトで使用するPythonをPython 3.7に切り替えるには、このシンボリックリンクをPython 3.7に変更すればOKです。

以降でその手順を説明します。

python2へのシンボリックリンク削除

現在のPythonのシンボリックリンクを削除します。

以下のコマンドをターミナルに入力します。

sudo unlink python

さきほどのlsコマンドで再度確認すると、python2.7へのシンボリックリンクが削除されていることが確認できます。

python バージョン変更
python2.7へのシンボリックリンクが削除されている

python3へのシンボリックリンク作成

python3.7へのシンボリックリンクを作成します。

ターミナルから下記のコマンドを入力します。

sudo ln -s python3 python

lsコマンドで確認すると、python3.7へのシンボリックリンクが作成されていることが確認できます。

デフォルトバージョンをpython3に変更
python3へのシンボリックリンクが作成された

pythonのバージョン確認で、python3系になっていることを確認

バージョン確認のコマンドで、python3のバージョンが表示されれば成功です。

python --version

筆者の環境では、 Python 3.7.3 と表示されました。

スポンサーリンク

まとめ

ラズパイのpythonバージョン確認方法、バージョン3への変更方法について紹介していきました。

python2系は、2020年1月1日にサポートが終了していますので、特別な理由がなければpython3系を使うようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-RaspberryPi
-